生田ランドセル

ランドセル職人のブログBLOG

身体が大きくなった時の肩ベルトについて

こんにちは。作り手 山本です。

こちらは、世界に一つだけのオーダーメイドランドセルを

作ることのできる「ランドセル工房生田」の職人ブログです。

 

先日、お子様の身体が大きくなったとの事で

特注の肩ベルトの製作依頼がありました。

その制作過程をご紹介したいと思います。

 

通常の肩ベルトは金型があるので

裁断機ですぐパーツをとることができますが

特注の肩ベルトは型紙からペンで印をつけて

211115-5.jpeg

 

革包丁で裁断していきます。

211115-3.jpeg

 

内側に入れるスポンジや、裏側についている革も同様に

型紙から手裁ちしていきます。

211115-6.jpeg

 

紙やすりで断面を滑らかにしていきます。

211115-4.jpeg

 

ここまで準備できたらあとは通常の肩ベルトと同じく

張り合わせてミシンをかけていけば完成です。

 

左が通常の肩ベルト、右が特注の肩ベルトです。

211115.jpeg

体型が大きくなってもこのように肩ベルトを製作しますので

安心して下さいね。

この肩ベルトは有料になりますので、ご検討される際には

一度ショップまでお電話下さい。

 

ちなみに、通常の肩ベルトがどれくらいの大きさまで

いけるかというと・・・

211115-2.jpeg

通常の肩ベルトの一番ゆるくなる位置で177センチの大人が背負って

写真のようになります。

 

肩ベルトの穴の位置は、背負った時に

①ランドセルの頂点とお子様の肩が同じくらいの高さ

②ランドセルの背中とお子様の背中に手のひらが入るくらいの隙間がある

この2つを満たす場所が丁度良いです。

 

ベルトがきついと苦しく感じてしまいますし、

ゆるくし過ぎるとランドセルがより重く感じて

お子様の身体の負担になってしまいますので

この機会にぜひ確かめて下さいね。